共同住宅(横浜市鶴見区)
2018年6月 木造 新築 1K×9

オーナー様のこだわりの建物で竣工と同時に満室へ

外観はドライジョイント工法を採用し継ぎ目のないサイディングを使用。アルミ格子と柱を壁で隠す意匠で重厚感を出しました。内装は各フロアですべて違うものを採用し、各部屋ごとの特徴を最大限生かしました。エントランス屋根も補強しバルコニーとして使えます。少し駅から離れた立地でしたが、様々な工夫が功を奏し竣工1か月前に全部屋申込。いいスタートをきることができました。